ダイエットには低糖質なブランデーがおすすめ!カクテルは高カロリーで太る?

ダイエットには低糖質なブランデーがおすすめ!カクテルは高カロリーで太る?

 

 

ブランデーは高カロリーで、そのカロリーは100mlあたり約230kcal
アルコール自体が高カロリーのため、ブランデーだけでなくアルコール度数が高いウイスキー、ウォッカ、ジン、ラムも同じくらいのカロリーです。
カロリーだけで見ると後ずさりしていまいそうですが、アルコールのカロリーはエンプティカロリーと呼ばれそのまま脂肪になるカロリーではありません。

 

さらに糖質制限とカロリー制限では、糖質制限のほうがダイエット効果が高いため、お酒はカロリーよりも糖質に注目するといいでしょう。(参考サイト:糖質制限とカロリー制限を徹底比較!効果があるのはどっち!?

 

スポンサードリンク

 

主なお酒1杯あたりのカロリーと糖質をまとめると以下のようになります。

 

ブランデー(1杯:30g):70kcal/ 糖質0g
ウォッカ(1杯:30g): 70kcal/糖質0g
ウイスキー(1杯:30g): 70kcal/糖質0g
焼酎(1杯:30g)   : 70kcal/糖質0g
赤ワイン(1杯:80g) :58kcal/糖質1.2g
日本酒(1杯:80g)  :90kcal/糖質3.1g
ビール(1缶:354g):142kcal/糖質11g
梅酒(1杯:83g)  :129kcal/糖質17.18g

 

ブランデーはウイスキー等と同様に糖質ゼロのお酒です。
糖質で比べればブランデーはダイエットに向いており、むしろ日本酒、ビール、梅酒は避けるべきです。

 

 

お酒のカロリーは本当に太らない?

アルコールのカロリーはエンプティカロリーと呼ばれ脂肪になりにくい、というのは日本ビール株式会社の公式サイトでも紹介されています。(参考サイト:ビール腹の原因はビールではない【エンプティ・カロリーの話】

 

アルコールのカロリーは優先的に消費されて熱に変わるので、お酒を飲むと体温が上がり、鼓動も早くなります。
その身体の働きの中でほとんどのカロリーを使い切ってしまうため、脂肪として蓄積されにくいのです。
極論、アルコールを飲んでいるだけでは太りません。

 

でも油断してはいけないのが、エンプティカロリーのエンプティは「栄養素が空っぽ」という意味ですが、カロリーは実際に存在するので燃やして消費する必要があるという点です。
エンプティカロリーが優先的に消費されるということは、食べたおつまみのカロリー消費は後回しにされてしまいます。

 

お酒を飲むと肝臓によるアルコールの分解が優先され、つまみの脂肪の分解は後回しにされた結果、残ったカロリーは体脂肪となり太るということが往々にしてあります。
さらに酔っぱらうと満腹中枢が機能しなくなって食べ過ぎてしまったり、アルコールの分解で血糖値が下がり脳が空腹と勘違いしてしまったり、食べ過ぎを引き起こしやすくなるという副次的な要因もあります。
これがアルコールで太ってしまう理屈です。

 

スポンサードリンク

 

蒸留酒のブランデーは低糖質でダイエットに向いている

アルコールだけでは太らないとはいえ、やはりダイエットに向いているお酒とそうでないお酒があります。
そんな中ブランデーは冒頭でもご紹介したとおり、低糖質で太りにくいお酒に分類されます。
低糖質のお酒の特徴は、主に蒸留酒であることが挙げられます。
ブランデーの他にもラム、ウイスキー、ジン、焼酎は穀物などが原料となってはいますが、蒸留されることでアルコールだけが抽出されて糖質が濾過されてなくなるため、糖質制限ダイエットにピッタリなお酒といえます。
ストレート、ロック、水割り、ソーダ割りで飲めば糖質はゼロです。

 

カクテルにすると太る?

ただし、ダイエット中にブランデーを楽しむなら、飲み方には気を付けてください。
ブランデー自体に糖質が0でも、ジュース、フルーツ果汁で割ると糖質が加わってしまいます。
ブランデーを使ったカクテルには「アレキサンダー」「サイドカー」など様々なものがありますが、糖質が高いカクテルは避けるようにしましょう。
主な割物を一覧にしたものが以下の通りなのです。

 

ジャーエール(100ml): 33kcal/糖質9g
コーラ(100ml): 45kcal/糖質11g
サイダー(100ml): 40kcal/糖質10.5g
リンゴジュース(100ml): 46kcal/糖質11.6g
オレンジジュース(100ml): 44kcal/糖質10.7g
トニックウォーター(100ml): 33kcal/糖質9g
トマトジュース(100ml): 18kcal/糖質3.3g

 

ブランデーはストレートやロックで飲むことが多いので、そのまま飲むのであればいいですが、もし何かで割るならなるべく糖質の低いものを一覧を参考に選びましょう。

 

ダイエット中におすすめなブランデーのおつまみ

ダイエット中のブランデーのおつまみには、タンパク質を豊富に含むものがおすすめです。
例えば塩やきとり、ステーキ、チーズ、ナッツなんかは低糖質&高たんぱくでブランデーとの相性も良いですね。

 

チョコレートはブランデーの甘さとよく合いますが、糖質が高いので、最近よく見るカカオ成分が70%以上のものを選ぶようにしましょう。
つまみを食べずブランデーだけ飲んでいればいくら太らないとはいえ、悪酔いしてしまいますし何より健康に悪いので、しっかりとタンパク質を摂れるつまみと一緒にブランデーを楽しんでください。

 

 

スポンサードリンク

ダイエットには低糖質なブランデーがおすすめ!カクテルは高カロリーで太る?関連ページ

高額ブランデーランキングベスト3|とても買えない!
楽天で買える高級ブランデーランキングベスト3
初心者でも楽しめるブランデーの飲み方
そもそもブランデーって何?
ブランデーの原料って何?
人気ブランデーのお得な情報をご紹介。
ブランデーの熟成年数を表す符号
ブランデーに合うおつまみはこれ!おすすめつまみ6選【甘党or辛党別】
ブランデーを使って手軽に作れるカクテル
ブランデーに含まれるポリフェノールの効果
ブランデーを使って安く作れるカクテル
人気ブランデーのお得な情報をご紹介。
ブランデーを使った梅酒の作り方
コニャック?アルマニャックって?
蒸留して作られるブランデー(単式蒸留法)
蒸留して作られるブランデー(連続式蒸留法)
ブランデーを売りに出す時の注意
ブランデー買取業者を決めるポイント
おすすめのブランデー買取業者
ブランデーの価格はどうやって決まるの?
贈り物にブランデーを選ぶ時のポイント
ブランデーの賞味期限は?未開封、開封後の保存方法を徹底解説!
30年前のブランデーが出てきた!いつまで飲める?熟成で美味しくなる?
ブランデーに合う料理はこれ!飲み過ぎ注意なマリアージュなおつまみ