ぶどうの搾り粕が原料の「マール」

ぶどうの搾り粕が原料の「マール」

 

「マール」と呼ばれるブランデーは、コニャックやアルマニャック等と違い、ワインの製造過程に出来る副産物のぶどうの搾り粕を原料として、水分と糖分を加えたものを発酵した後に蒸留して作られるブランデーです。
正しくは「オー・ド・ヴィー・ド・マール(Eau de Vie de Marc)」と言います。
ぶどうの搾り粕を発酵・蒸留させるので、この段階では無色透明ですが、樽で貯蔵・熟成させることによって、ブランデーと同じような琥珀色になります。

 

ちなみに、搾り粕で作られるお酒としては、日本にある「搾り粕焼酎」や、イタリアの「グラッパ」等が知られており、製法はマールとほとんど同じです。

 

ブルゴーニュ地方で作られるマールは、1941年に決定された「アペラシオン・ドリジーヌ・レグルマンテ(原産地規制)法」の中でも、「シャンパーニュ」と「アルザス」に並び、3大産地の1つとして規制されました。
コニャックやアルマニャックと同じように、厳しく規制された産地で収穫されるぶどう品種や製法を守って作られるブランデーの味わいは、他のブランデーでは味わえない仕上がりになっています。

 

≪詳細はこちらから≫

ぶどうの搾り粕が原料の「マール」関連ページ

世界最高のブランデー「カミュ」
レミーマルタンはコニャックの代名詞
伝統と情熱によって完成されたヘネシー
ナポレオンに愛された「クルボアジェ」
手土産や贈り物に最適なゴーティエ
コレクター心をくすぐるブランデー!ラーセン・ヴァイキング・シップ
ナチュラルブランデー「レオポルド・グルメル」
ブランデーを磨き上げた功労者「マーテル」
パンサーで表現された味わい「ミュコー」
特長的なボトルデザイン「サンペ」
セプ・ドールの資格を持つ「ジャンフィユー」
名前の由来は名家から!「ポリニャック」
手摘みの収穫にこだわる「ポール・ジロー」
グランドシャンパーニュ格付フラパン!500年の歴史が生んだブランデー
葉巻と楽しむブランデー「バローズ」
アルマニャック輸出No1の「シャボー」
堅牢な要塞をイメージ「カステルフォール」
最高級な品質「シャトー・ド・ロバード」
希少価値が高く高級品の「ルモルトン」
獅子の心に表される「クール・ド・リヨン」
3つ星レストランも御用達「デュポン」
コニャックで唯一のヴィンテージ「ペイラ」
伝統を守る味わい「ロジェ・グルー」
巨匠達に認められた味「フランシス・ダローズ」
インカ帝国と所縁のある「インカ・ピスコ」
イタリアでポピュラーな「グラッパ」