イタリアでポピュラーな「グラッパ」

イタリアでポピュラーな「グラッパ」

 

日本ではあまり馴染みがありませんが、イタリア特産で、イタリアではポピュラーなお酒として馴染みのあるブランデーの「グラッパ」。
フランス産のブランデー「マール」と同じく、ぶどうの搾り粕が原料のブランデーです。
法律によって、グラッパと名乗れるのはイタリアで作られたものに限られています。
これはブランデーで言うところのコニャックやアルマニャック等と同じですね。

 

グラッパはイタリアの全土で作られていますが、代表的な町として、ヴェネツィアにある「バッサーノ・デル・グラッパ」が有名です。
グラッパによって町興しをしたり、グラッパ博物館があったりする等、グラッパを象徴するような町として知られています。

 

元々庶民が考え出した飲み物と言われているグラッパですが、その起源ははっきりとは分かっていません。
言い伝えられているのは、ワインを飲めない庶民が、そのワインの搾り粕に水を足して飲むようになったということです。
イタリアの飲食店では常に常備されていて、食後酒として飲まれる程庶民に浸透しています。

 

≪詳細はこちらから≫

イタリアでポピュラーな「グラッパ」関連ページ

世界最高のブランデー「カミュ」
レミーマルタンはコニャックの代名詞
伝統と情熱によって完成されたヘネシー
ナポレオンに愛された「クルボアジェ」
手土産や贈り物に最適なゴーティエ
コレクター心をくすぐるブランデー!ラーセン・ヴァイキング・シップ
ナチュラルブランデー「レオポルド・グルメル」
ブランデーを磨き上げた功労者「マーテル」
パンサーで表現された味わい「ミュコー」
特長的なボトルデザイン「サンペ」
セプ・ドールの資格を持つ「ジャンフィユー」
名前の由来は名家から!「ポリニャック」
手摘みの収穫にこだわる「ポール・ジロー」
グランドシャンパーニュ格付フラパン!500年の歴史が生んだブランデー
葉巻と楽しむブランデー「バローズ」
アルマニャック輸出No1の「シャボー」
堅牢な要塞をイメージ「カステルフォール」
最高級な品質「シャトー・ド・ロバード」
希少価値が高く高級品の「ルモルトン」
獅子の心に表される「クール・ド・リヨン」
3つ星レストランも御用達「デュポン」
コニャックで唯一のヴィンテージ「ペイラ」
伝統を守る味わい「ロジェ・グルー」
巨匠達に認められた味「フランシス・ダローズ」
ぶどうの搾り粕が原料の「マール」
インカ帝国と所縁のある「インカ・ピスコ」