堅牢な要塞をイメージ「カステルフォール」

堅牢な要塞をイメージ「カステルフォール」

 

ブランデー「カステルフォール」が作られているバ・アルマニャック地区は、コニャック地区よりも古くからブランデー作りをしている地域と言われ、そこで作られたカステルフォールは、レンゲの花を思わせる香りと程よい甘味のバランスが絶妙で、後味が長く続く味わいに仕上がっています。
ヴィンテージものとして人気のあるカステルフォールは、ボトル詰めの年月日が記載されているので、誕生日プレゼントとしても喜ばれています。

 

カステルフォールは、「カーブ・デ・プロデュクトゥール・レユニ」と呼ばれる組織によって作られています。
日本語に訳すと生産者貯蔵庫共同機構という組織で、バ・アルマニャック地区のノガロにある、資金面でブランデー作りが難しい幾つかの小さな農家が集まり共同でブランデーを作っています。

 

カステルフォールという名前は、フランス語で「堅牢な要塞」と言う意味になります。
自分達のブランデー作りを守り続けると言う意味合いと、小さな農家の集まりである自分達の力を堅牢な要塞という言葉で、大手のブランデーメーカーに対して誇示しているようにも思えます。

 

≪詳細はこちらから≫

堅牢な要塞をイメージ「カステルフォール」関連ページ

世界最高のブランデー「カミュ」
レミーマルタンはコニャックの代名詞
伝統と情熱によって完成されたヘネシー
ナポレオンに愛された「クルボアジェ」
手土産や贈り物に最適なゴーティエ
コレクター心をくすぐるブランデー!ラーセン・ヴァイキング・シップ
ナチュラルブランデー「レオポルド・グルメル」
ブランデーを磨き上げた功労者「マーテル」
パンサーで表現された味わい「ミュコー」
特長的なボトルデザイン「サンペ」
セプ・ドールの資格を持つ「ジャンフィユー」
名前の由来は名家から!「ポリニャック」
手摘みの収穫にこだわる「ポール・ジロー」
グランドシャンパーニュ格付フラパン!500年の歴史が生んだブランデー
葉巻と楽しむブランデー「バローズ」
アルマニャック輸出No1の「シャボー」
最高級な品質「シャトー・ド・ロバード」
希少価値が高く高級品の「ルモルトン」
獅子の心に表される「クール・ド・リヨン」
3つ星レストランも御用達「デュポン」
コニャックで唯一のヴィンテージ「ペイラ」
伝統を守る味わい「ロジェ・グルー」
巨匠達に認められた味「フランシス・ダローズ」
ぶどうの搾り粕が原料の「マール」
インカ帝国と所縁のある「インカ・ピスコ」
イタリアでポピュラーな「グラッパ」