ブランデーを使った梅酒の作り方

スポンサードリンク

ブランデーを使った梅酒の作り方

ブランデーは、そのままでも、カクテルとしても楽しめますが、酵素が多く含まれ、免疫力を高めアンチエイジング効果が期待できる「梅酒」としても楽しめます。
梅酒は、基本的にホワイトリカーで作られますが、ブランデーを代用してもおいしい梅酒が作れます。
ブランデーを使った梅酒の作り方を紹介しましょう。

 

材料として、梅を1Kg、ブランデーを1.8L、氷砂糖500gを準備します。
まず、梅を水で洗って乾かせ、梅酒を作る瓶は煮沸消毒して下準備します。
瓶の中に梅と氷砂糖を交互に入れていき、最後にブランデーを入れます。
冷暗所で2ヶ月程度置くことで、梅の風味が爽やかなブランデー梅酒が完成します。
注意としては、時々瓶の中をかき混ぜてなじませることと、半年以上置いたら味が落ちるので、梅を取り除きましょう。

 

果実が原料のブランデーなので、梅と合わせても違和感がなく、さらに味わい深くなるのが特徴です。
付け込む梅や、ブランデーの種類によって味が変わるので、自分スタイルのブランデー梅酒を作ってみましょう。

スポンサードリンク