ブランデーの熟成年数を表す符号

スポンサードリンク

ブランデーの熟成年数を表す符号

ブランデーは、様々な熟成年数の原酒を混合して製造されていますが、コニャックは「全国コニャック事務局」、アルマニャックは「アルマニャック事務局」の規定によって、製品に含まれる最も若い原酒の熟成年によって符号を表示することが定められています。

 

その符号を決める熟成年は、「コント」という単位で表します。
蒸留したばかりの年のブランデーは「コント0」、最初の4月1日を迎えると「コント1」、次の年の4月1日には「コント2」となり、4月1日を迎えるごとに数字が1つずつ増えていきます。

 

コニャックの場合、コント2以上は「☆☆☆(スリースター)」、コント4以上で熟成年数が10年前後は「VSOP(Very special old pale)」、コント6以上で熟成年数15年前後は「NAPOLEON」、コント6以上で熟成年数30年前後は「XO(Extra Old)」となり、アルマニャックの場合、コント1以上は「☆☆☆(スリースター)」、コント4以上は「VO(Very old)」、コント4以上で熟成年数7年前後は「VSOP」、コント5以上で熟成年数10年前後は「NAPOLEON」、コント5以上で熟成年数15年前後は「XO」と表記されています。
ブランデーを購入する際の参考にしてみてください。

スポンサードリンク