コニャック?アルマニャックって?

スポンサードリンク

コニャック?アルマニャックって?

ブランデーには、商品名以外にも「コニャック」や「アルマニャック」、「カルヴァドス」等と表記されている場合がありますが、どういう意味があるか知っていますか?
簡単に言うと、フランス産のブランデーという意味なのですが、コニャックやアルマニャックと表記されているブランデーは、他のブランデーとは異なります。

 

ワイン王国と言われるフランスで、ブランデーが生産されるようになったのが15世紀頃のコニャック地方とアルマニャック地方でした。
王家等、地位の高い人達から好まれたコニャック産とアルマニャック産のブランデーは、1713年に、ルイ14世によって作られた、ブランデーを保護する為の法律によって品質が保たれ、コニャックとアルマニャックの表示に関しても、1909年以降からは、「アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOC法)」という、フランスの農業製品等に対して製造過程や厳しい品質評価等の条件を満たした商品にのみ与えられる認証によって高品質を保っています。
いわば、特別な品質管理を行って高品質なブランデーにだけ与えられる称号のようなものと言えます。

 

ブランデーを選ぶ時、コニャックやアルマニャックと表記されている商品を見かけたら、フランスの高品質ブランデーだと思って間違いないでしょう。

スポンサードリンク