そもそもブランデーって何?

スポンサードリンク

そもそもブランデーって何?

ブランデーと聞いても、ウイスキーと区別が付かず、よく分からないと感じている人は多いと思います。
そもそも、ブランデーとは何でしょう。

 

ブランデーは、主にぶどうを蒸留して作られた蒸留酒の総称で、語源は、フランス語で「焼いたワイン」という意味を持つ「ヴァンブリュレ」が由来と言われています。

 

ぶどうを蒸留してできた原酒を、樽に入れて長い年月をかけて熟成さて作られます。
蒸留する方法や原料によって、味わいや香りが違うのも特徴です。
ぶどうを原料として作られたもの以外にも、リンゴやサクランボを原料に作られた「アップルブランデー」や「チェリーブランデー」もあります。
アルコール度数は40度から50度程で、ほぼウイスキーと同じ度数となっています。
原料が穀物のウイスキーとは違い、フルーティーな味わいが楽しめるのもブランデーの特徴と言えるでしょう。

 

代表的なおいしい飲み方としては、ストレートがお勧めで、ブランデー専用のグラスで、ブランデーそのものの味を楽しんでみましょう。

スポンサードリンク