ブランデーの賞味期限は?未開封、開封後の保存方法を徹底解説!

スポンサードリンク

ブランデーの賞味期限は?未開封、開封後の保存方法を徹底解説!

ブランデーはアルコール度数が高いため、なかなか短い期間でボトル一本を飲みきるのは大変ですよね。
貰ったは良いけど、飲む機会がないままずっと押入れに置きっぱなしで「これ、まだ飲めるのかな?」と心配になったことがある方も多いと思います。
こちらではブランデーの賞味期限・消費期限、おすすめの保存方法を「未開封」「開封後」別にご紹介していきます。

 

ブランデーの賞味期限と消費期限

結論からいえば、ブランデーには賞味期限も消費期限はありません。
ブランデーはアルコール度数が40度と高いため、殺菌力が高く微生物が繁殖できません。そのため「腐る」ようなことが起こらないからです。

 

スポンサードリンク

 

保存方法が悪いと風味が落ちて美味しくなくなることはあります(特に開封後は)が、きちんと保存しておけば半永久的に飲むことができます。
昔のブランデーが未開封の状態で押入れの奥から出てきても、安心して飲んで大丈夫です。
ただし開封後は空気に触れるため味の劣化が進みやすくなります。腐りはしませんが、開封したら半年〜1年以内に飲みきることをおすすめします。

 

ブランデーの保存方法

ブランデーは未開封でも開封後でも、直射日光を避けて冷暗所で保存すればOKです。
直射日光が当たるとブランデーの温度が上がり、品質が劣化してしまうためです。
冷蔵庫や冷凍庫での保存までは必要はありません。日の当たらないキッチンの棚などで十分です。(冷凍庫で冷やすとトロみが出ますが、代わりに香りが死んでしまうのでブランデーの冷凍保存はおすすめしません)

 

未開封のブランデーの保存方法はこれだけ気を付ければ十分ですが、開封後の場合はいくつか注意点があるのでそれも併せてご紹介します。

 

開封後のブランデーの保存方法

開封後のブランデーの最大の敵は「空気」です。空気に触れることでブランデーが酸化してしまい、風味を損なってしまいます。
なるべく空気に触れさせないため、ボトルを横に寝かしたり、振ったりしないようにしてください。
空気とブランデーが接する面積を最小化するため、ボトルは縦置きが原則です。

 

さらに、コルクの隙間から空気が入らないように「パラフィルム」をコルクの周りに巻くと、未開封状態のような状態を作ることができます。
バーではよく使われる保存方法なので、気になる方はフィルムも巻きましょう。

 

スポンサードリンク