今すぐ使えるブランデーの雑学

スポンサードリンク

今すぐ使えるブランデーの雑学記事一覧

高額ブランデーランキングベスト3|とても買えない!

ブランデーは「高級なお酒」というイメージが強いですが、様々なメーカーから多種のブランデーが生産されており、一般家庭でも多く飲まれるようになりました。このように普及したブランデーの中にも、まだ高額な商品はあります。ここでは、特に高額なブランデーを3つ紹介します。まず「ヘンリーIV、コニャック・グランデ...

≫続きを読む

楽天で買える高級ブランデーランキングベスト3

「高級ブランデーランキングベスト3|とても買えない!」で紹介した高級ブランデーはプレミア中のプレミア。普通の人が飲めるブランデーじゃありません。だってブランデー1億円以上って・・・マンション買えますやんって感じです。そもそもどこで買えるのかも分からない高級ブランデーですからね。買おうと思っても買い方...

≫続きを読む

初心者でも楽しめるブランデーの飲み方

ブランデーと聞くと、「高価な大人のお酒」で、敷居が高いと感じる人が多いと思いますが、ブランデーに興味があったり、ブランデーを飲んでみたいと思っている人にお勧めの飲み方を紹介します。本来は、ストレートで飲んで、香りや味の深さを味わうのがブランデーの楽しみ方ですが、飲み慣れていない人がいきなりストレート...

≫続きを読む

そもそもブランデーって何?

ブランデーと聞いても、ウイスキーと区別が付かず、よく分からないと感じている人は多いと思います。そもそも、ブランデーとは何でしょう。ブランデーは、主にぶどうを蒸留して作られた蒸留酒の総称で、語源は、フランス語で「焼いたワイン」という意味を持つ「ヴァンブリュレ」が由来と言われています。ぶどうを蒸留してで...

≫続きを読む

ブランデーの原料って何? | おすすめブランデーサイト

ブランデーの原料はブドウです。ブドウからできているからこそ、ウイスキーとはまた違った香りと甘みがあります。ブランデーとウイスキーの違いってどこ?という方もいらっしゃいますが、ウイスキーの原料は麦です。原料が違うんですね。原料が麦とブドウと聞くと、他のお酒を思い浮かべませんか?そうです、ビールとワイン...

≫続きを読む

ブランデーの熟成年数を表す符号

ブランデーは、様々な熟成年数の原酒を混合して製造されていますが、コニャックは「全国コニャック事務局」、アルマニャックは「アルマニャック事務局」の規定によって、製品に含まれる最も若い原酒の熟成年によって符号を表示することが定められています。その符号を決める熟成年は、「コント」という単位で表します。蒸留...

≫続きを読む

ブランデーに合うおつまみはこれ!おすすめつまみ6選【甘党or辛党別】

ブランデーは食後酒によく飲まれる蒸留酒で、ブドウを原料にしているため甘みとコクがあり、そのまま単品でも美味しくいただけます。そのままでも良いですが、ちょっとしたおつまみと一緒に味わうと、さらにブランデーの味わいが出てきて美味しいんです。実際にブランデーの本場、コニャックやアルマニャックで有名なフラン...

≫続きを読む

ブランデーを使って手軽に作れるカクテル

自宅でブランデーをカクテルにして味わいたい時に、簡単に作れるカクテルの紹介です。作り方は、元となるお酒が入ったグラスに、ミックスするお酒を注ぐ「ビルド」と、ビルドで作られたカクテルをかき混ぜる「ステア」という方法で作れるので、材料さえ揃えば、シェイカー等の専門的な道具を使わずにとても簡単に作ることが...

≫続きを読む

ブランデーに含まれるポリフェノールの効果

フランスでは「命の水」とも言われるブランデーですが、ブランデーが健康に与える影響はあまり知られていません。ここでは、ブランデーの持つ健康に与える影響について紹介します。そもそもブランデーは、主にぶどう等の果物を原料とし、蒸留した後に樽(主にオーク材)で熟成させて作られます。蒸留しているので、アルコー...

≫続きを読む

ブランデーを使って安く作れるカクテル

ブランデーは、他のアルコールや飲み物と混ぜてもおいしく飲むことができます。その中でも、コストをかけずにおいしく作れるカクテルを紹介します。まず、「ニコラシカ」です。ブランデーを適量とレモンスライスを1枚、砂糖適量を準備し、ブランデーグラスにレモンスライスとレモンスライスの上に砂糖をのせれば完成です。...

≫続きを読む

ブランデーを使った梅酒の作り方

ブランデーは、そのままでも、カクテルとしても楽しめますが、酵素が多く含まれ、免疫力を高めアンチエイジング効果が期待できる「梅酒」としても楽しめます。梅酒は、基本的にホワイトリカーで作られますが、ブランデーを代用してもおいしい梅酒が作れます。ブランデーを使った梅酒の作り方を紹介しましょう。材料として、...

≫続きを読む

コニャック?アルマニャックって?

ブランデーには、商品名以外にも「コニャック」や「アルマニャック」、「カルヴァドス」等と表記されている場合がありますが、どういう意味があるか知っていますか?簡単に言うと、フランス産のブランデーという意味なのですが、コニャックやアルマニャックと表記されているブランデーは、他のブランデーとは異なります。ワ...

≫続きを読む

蒸留して作られるブランデー(単式蒸留法)

ブランデーは、ぶどう等の果物を原料とし、蒸留することによって作られていますが、その蒸留方法には大きく分けて2種類があり、その方法は「単式蒸留法」と「連続式蒸留法」と呼ばれています。15世紀頃から始まったブランデー作りで使用されていた単式蒸留法は、「アランビック」と呼ばれる、口が細くて首の長い円底フラ...

≫続きを読む

蒸留して作られるブランデー(連続式蒸留法)

ぶどう等の果物を原料とし、蒸留して作られるブランデーですが、その蒸留方法は、「単式蒸留法」と「連続式蒸留法」と呼ばれる2種類の方法になります。連続式蒸留法は、連続蒸溜器を使って蒸溜させる方法で、不純物を除去し、エタノールを精製する装置としても知られており、化学工業でも色々な分野で使用されています。連...

≫続きを読む

ブランデーを売りに出す時の注意

ブランデーを売りに出そうと思った時に、所有しているブランデーをそのまま売りに出すのは、買取金額を落ちてしまう恐れがあるので、これから紹介するポイントに注意して、高く買取ってもらえるようにしましょう。ブランデーのボトルや化粧箱は、その高いデザイン性でコレクターが多いのが特徴です。そんな貴重なボトルや化...

≫続きを読む

ブランデー買取業者を決めるポイント

家で眠っているブランデーや、インテリアとして飾ってあるブランデーを売りに出したい時に、どこの業者で買取ってもらうか悩むところです。ここでは、買取業者を決める時のポイントを紹介します。まず、お酒専門の買取業者を選びましょう。ブランデーのボトルやパッケージは、素人が見ると同じように見えたり、表示の意味が...

≫続きを読む

おすすめのブランデー買取業者

贈り物として貰ったブランデーを、飲まずに家のインテリアにしていませんか?飲もうと思って買ったものの、飲まずにホコリをかぶっているブランデーはありませんか?それではせっかくの高級なお酒が台無しになってしまいます。飲まないのであれば、誰かに譲るか、買取をしてもらいましょう。買取と言っても、どこに買い取っ...

≫続きを読む

ブランデーの価格はどうやって決まるの?

購入するにしても、売りに出すにしても、素人には分かりにくいブランデーの価格。見た目が華やかで高額かと思ったブランデーが安かったり、とてもシンプルに見えるブランデーが高かったりと、価格の決め方がいまいちよく分からないと思う人が多いと思います。どちらかというと、高額・高級なイメージの強いブランデーですが...

≫続きを読む

贈り物にブランデーを選ぶ時のポイント

数多くの愛飲者を持つブランデーは、贈り物としても人気が高いお酒です。しかし、贈られる人によっては、飲まずに飾るだけ、見えないところに保管されてしまいます。そうならない為にも、ブランデーそれぞれの特徴を上手く活用し、贈り物として贈ってみましょう。ブランデーを全く飲んだことがない人や、アルコールに弱い人...

≫続きを読む

ブランデーの賞味期限は?未開封、開封後の保存方法を徹底解説!

ブランデーはアルコール度数が高いため、なかなか短い期間でボトル一本を飲みきるのは大変ですよね。貰ったは良いけど、飲む機会がないままずっと押入れに置きっぱなしで「これ、まだ飲めるのかな?」と心配になったことがある方も多いと思います。こちらではブランデーの賞味期限・消費期限、おすすめの保存方法を「未開封...

≫続きを読む

30年前のブランデーが出てきた!いつまで飲める?熟成で美味しくなる?

「30年前のブランデーが押入れから出てきたけど大丈夫?」「ブランデーはいつまで飲めるの?」という疑問をよく耳にしますね。ブランデーの賞味期限は?未開封、開封後の保存方法を徹底解説!でもご紹介しましたが、ブランデーはアルコール度数が高く微生物が繁殖できないため、賞味期限はなく半永久的に飲むことができま...

≫続きを読む

ブランデーに合う料理はこれ!飲み過ぎ注意なマリアージュなおつまみ

ブランデーに合うおつまみはこれ!おすすめつまみ6選【甘党or辛党別】でブランデーに合うおつまみをご紹介しましたが、こちらでは主に「料理」にしぼって、ブランデーと相性が良い料理をご紹介していきます。まず、ブランデーは香りが強く旨味を引き立てるため、油分が多くて味の濃い料理と良く合います。味が濃くて、脂...

≫続きを読む

スポンサードリンク