特長的なボトルデザイン「サンペ」

特長的なボトルデザイン「サンペ」

 

ブランデーの蒸留所としては歴史が浅いですが、名前の由来になっている「サンペ家」は、フランスのアルマニャック地方で14世紀から続いている名家で、その紋章はフランスの国立図書館で保存される程です。
1934年に、フランスのテレナーズ地区のエーニャンで創業されたサンペ社は、自社の持つ20haの畑と、自社以外の原料も買い取り、品質の向上に努める少数のブランデーメーカーの1つです。

 

サンペ社で作られるブランデーは、原料に厳選されたユニ・ブランとコロン・バールのぶどうが使用されており、熟成の度に新しい樽で熟成し、重厚な味わいのブランデーに仕上げるところが特徴です。

 

またサンペ社は、ブランデーの輸出によって世界進出を果たしています。
世界進出するにあたって、輸出先の国を意識してボトルデザインを変える姿勢は素晴らしいものがあります。
中には、高級食器でお馴染みの「バカラ社」デザインのボトルもあり、庶民からセレブまで魅了する、変化に富んだブランデーを作り続けています。

 

≪詳細はこちらから≫

特長的なボトルデザイン「サンペ」関連ページ

世界最高のブランデー「カミュ」
レミーマルタンはコニャックの代名詞
伝統と情熱によって完成されたヘネシー
ナポレオンに愛された「クルボアジェ」
手土産や贈り物に最適なゴーティエ
コレクター心をくすぐるブランデー!ラーセン・ヴァイキング・シップ
ナチュラルブランデー「レオポルド・グルメル」
ブランデーを磨き上げた功労者「マーテル」
パンサーで表現された味わい「ミュコー」
セプ・ドールの資格を持つ「ジャンフィユー」
名前の由来は名家から!「ポリニャック」
手摘みの収穫にこだわる「ポール・ジロー」
グランドシャンパーニュ格付フラパン!500年の歴史が生んだブランデー
葉巻と楽しむブランデー「バローズ」
アルマニャック輸出No1の「シャボー」
堅牢な要塞をイメージ「カステルフォール」
最高級な品質「シャトー・ド・ロバード」
希少価値が高く高級品の「ルモルトン」
獅子の心に表される「クール・ド・リヨン」
3つ星レストランも御用達「デュポン」
コニャックで唯一のヴィンテージ「ペイラ」
伝統を守る味わい「ロジェ・グルー」
巨匠達に認められた味「フランシス・ダローズ」
ぶどうの搾り粕が原料の「マール」
インカ帝国と所縁のある「インカ・ピスコ」
イタリアでポピュラーな「グラッパ」