30年前のブランデーが出てきた!いつまで飲める?熟成で美味しくなる?

スポンサードリンク

30年前のブランデーが出てきた!いつまで飲める?熟成で美味しくなる?

「30年前のブランデーが押入れから出てきたけど大丈夫?」「ブランデーはいつまで飲めるの?」という疑問をよく耳にしますね。
ブランデーの賞味期限は?未開封、開封後の保存方法を徹底解説!でもご紹介しましたが、ブランデーはアルコール度数が高く微生物が繁殖できないため、賞味期限はなく半永久的に飲むことができます。
ただし直射日光が当たる場所で保管していた場合は、かなり味が劣化している可能性もあるため「味見をしてみて美味しければ飲む」といいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

時間が経ったブランデーは熟成で美味しくなってる?

実は樽熟成の原理は科学的に100%解明されている訳ではありません。
適度に空気と接触し、水分が蒸発して、樽成分が溶けだし、水分とアルコール分が一体化し・・・と様々な現象が重なることで角が取れて美味しくなるのは事実です。
長く樽で熟成されたブランデーは、かかる手間隙、蒸発による量の減少(エンジェルシェア)もあって高級酒としてかなり高値で取引されています。
しかし、一方でアルコール度数が高いブランデーは密閉された瓶の中では熟成が進みません。
同じブドウが原料であるワインとは違って瓶の中で10年、20年、30年・・・と寝かせたとしても、最初よりも美味しくなっているという現象は起こらないのです。
瓶の中では「ブランデーは味をキープ」「ワインは熟成による味の成長」、それぞれ違う特徴があります。
そのため、もし昔のブランデーが押入れの奥から出てきても、劇的に美味しくなってることはありません。
代わりほとんど劣化もしないのが利点で、30年前のブランデーでも平気で飲めます。
ネットオークションでも普通に「○年前のブランデー」が出回っていますので、最近お店で買ったブランデーと飲み比べてみれば、ほとんど味に変化がないのが分かると思います。
子どもが生まれた日にブランデーを一本用意して20歳の誕生日に一緒に開ける、なんて素敵な楽しみ方もブランデーなどの蒸留酒なら簡単にできますね。

 

24時間で3年熟成できる家庭用樽

熟成が進むスピードは、ブランデーが樽に接する面積が広ければ広いほど早くなります。
最近は小さなサイズの家庭用樽ボトルが販売されています。
これを使うと、酒の量に対して広い面積が樽と接するため、通常の樽よりも一気に熟成が進みます。
「24時間入れておくだけで、3年分の熟成が進む」というのがキャッチコピー。
瓶のままでは熟成が進まないブランデーですが、気軽に熟成を楽しめる面白い商品だと思います。

 


 

スポンサードリンク